スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めだかボックス2巻を読んだ

めだかボックス 2 (ジャンプコミックス)


原作は西尾維新。
作画は睦月あきら。

原作と作画が噛み合っていないように感じられた。
原因は恐らく原作の方だろう。西尾維新の文章は、他の媒体へ直すには向かないだろうと思われるからだ。
同様の感覚は一巻でも覚えていたのだが、二巻の方が若干強くなっている気がする。これなら本誌の方で人気があまりないというのも頷ける話だ。まとめて数話を読んでも齟齬を感じるくらいなのだから、一話ごとに読んだなら、それがもっと強くなるだろうことは想像に難くない。
連載が続くことで原作と作画が調和し、この問題が解決されてくれるといいんだけど、どうなるだろうか。

なんてことを書きたいなどと私が思っているわけはなく。
もっと言いたいことが、当然のように他にある。
つまり「喜界島さん可愛いよ喜界島さん」ってことである。

眼鏡をかけているところがいい。
裸を見られて取り乱すところがいい。
慰謝料として金銭を要求するところがいい。
金額が意外なほど安いところもいい。
口に出すときは呼び捨てなのに、頭のなかでは善吉にくん付けしてるあたりがいい。
めだかちゃんに○○されて頬染めるところがいい。
そのときの写真を宝物にしちゃうところなんてとてもいい。

まさにエックセレント!
しかし、そんな彼女について、気に入らないところがひとつだけある。
それは「表紙で眼鏡をかけていないところ」だ。

眼鏡キャラなら!
いつ何時でも!
眼鏡かけててナンボでしょー!!

そう叫ばずにいられない。
面倒なのはわかる。現実的でないのも重々承知だ。
だが、しかし。眼鏡とは生活必需品であると同時に、フェチにとっての夢の具現である。
夢であるからこそ、あらゆる困難を打ち払い、理想を現実にして欲しいのだ。
だから、表紙で眼鏡をかけていないということが、私には許せないのである。

と思ったけど、そもそも喜界島さんは眼鏡キャラなのか? という疑問を今になって抱いた私です。
読み返してみると、二巻の登場シーンの半分くらいで眼鏡をかけていないような気がする。
あれ? 実はっていうか、深く考えるまでもなく眼鏡キャラじゃなくね?
私の情熱空回りしてね?
そんな感じの第二巻でした。
関連記事

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。