スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン2を読んだ

ソードアート・オンライン〈2〉アインクラッド (電撃文庫)


著者は川原礫。
イラストはabec。

きわめて高い完成度を誇ったシリーズ第一巻。そこから続くこの二巻は、四つの短編を集めたサブストーリー集となっている。
このシリーズは一巻でストーリーが完結してしまっているので、巻の続く余地がほとんどない。だから二巻で早くも短編集になってしまうというのも、そう驚くことではなかった。
懸念があるとすれば、一巻のストーリーとの整合性だ。それが取れていなければ、二巻に低い評価を下すだけでなく、一巻の価値をも下げてしまうことになりかねない。
せっかくの傑作も、蛇足があるゆえに低く見積もられてしまうのでは何とも忍びないし、ならばそれは懸念するに足る事柄だと言えるだろう。

さて結論から言えば、二巻は蛇足などではなかった。
ソードアートオンラインの世界観を、設定を、そして何より主人公とヒロインのキャラクター性を強固に補完するものだったのだ。
本作の主人公は、ソロ嗜好のオンラインゲーマーだ。オンラインゲームは、遊んだことのある人にならわかるかもしれないが、大抵の場合、パーティやギルドなどといった「集団」で遊んだ方が有利なように設計されている。「個人」の力には明確な限界が設けられており、どれほど高いレベルでも、一人では倒せないモンスターや、攻略できないダンジョンといったものが設置されている。ソードアートオンラインも、この例に外れない。
トッププレイヤーの一人として、その事実を熟知しているはずの主人公が、HPがゼロになることが現実世界での死に直結するゲーム内において、ソロであることにこだわる理由は何なのか。そのあたりが一巻の核心に繋がっており、この二巻では、全編を通してそれを補完する作りになっているのだ。

個人的に気に入ったのが、二編目と四編目。
特に四編目はよかった。
他のエピソードに比べて明らかに短いのだが、内容はもっとも核心に迫るものとなっている。
それが主人公の終点であり、転機であり、始点でもあった。
消せない闇を抱え込み、文字通りに命を賭してゲームクリアに心血を注ぐ、そのきっかけとなる事件。
このエピソードを読めたことが、本著を手に取ったうえでの一番の収穫だった。

あと一点だけ。
主人公フラグ立てすぎ。
嫁が泣くぞ!
関連記事

テーマ : ライトノベル書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。