スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めだかボックス1を読んだ

めだかボックス 1 (ジャンプコミックス)


原作は西尾維新。
作画は睦月あきら。

ネットで酷評されているのをよく見る反面、キャプチャ画像を見るかぎりでは面白そうだったので、単行本が出たら買うつもりでいた。
そしていざ読んでみたら、案の定面白かった。
ネット上の評価は、個人によるものならば信憑性はそれなりにあると思う。
けど多数の匿名による評価は、アテにならないことがどうやら多い。
まあ好き嫌いなんて言ってしまえば人それぞれなので、そうであって当たり前なのかもしれないけど。

ただ、週刊ジャンプに向かない作品ではたしかにあると思う。在りし日の月刊ジャンプとか、むしろ出版社の枠を越えてガンガンとか電撃大王とか、その辺に載ってる方がよほど合ってる気がする。
どうしてよりにもよってWJだったんだろう。今ならSQという選択肢もあっただろうに。

あと、主人公が感情移入しにくい性格であることは、明確な欠点と言えるかもしれない。
このあたりを深読みするに、彼は現時点においての主人公であるというだけで、いずれはその座を誰かに明け渡すという展開が用意されているのかもしれないし、そんなことは別にないのかもしれない。
主人公に好感を抱けないというのは、少年マンガにおいては結構致命的だと思うので、何かしらの変化があるのだと考えたいけど、はてさて。

ともあれ、厨二設定と独特の言語センスが気に入るならば、絵買いして損することはないだろう作品だ。個人的にはかなり好き。
既に2巻が発売されているので、そちらも手に取る予定だ。
関連記事

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。