スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

這いよれ!ニャル子さん2を読んだ

這いよれ! ニャル子さん 2 (GA文庫)


著者は逢空万太。
イラストは弧印。
クトゥルフの邪神たちによる名状しがたいラブコメシリーズの第2巻だ。

そう、クトゥルフなのである。
しかもラブコメなのである。
この時点でもうわけがわからないが、1巻がわりに好評だったらしく、こうして2巻が世に出ることとなったようだ。

個人的な感想としては、
「クトゥルー神話と思っていたらカメンライドゥだった」。
なにを言ってるのかわからねーと思うが私もなにをされたのかわからない。
オマージュとかパロディとかそんな生やさしいもんじゃねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

端的に言うと、1巻よりも面白い。
1巻は特異なキャラたちと世界観を、限られたページ数で説明しながら物語を展開していくという形にならざるを得なかったので、多少なりとも制限がかかっていたのかもしれない。
しかし2巻では、そうした下地にかける手間は最小限でよく、そのためストーリーを紡ぐことに紙幅の大半を費やしていける。
この違いゆえの面白さの差なのかもしれないと思った。

ニャル子さんはかわいいし、クー子は変態だし、主人公はツンデレだしで言うことはない。
ニャル子さん這いよる混沌だけど。
クー子さん炎の神性だけど。
主人公暴力的だけど。
決して正統派ではないが、面白いしなにより魅力的なのでオールオッケーである。
萌えに対するこうしたフリーダムさは日本人の美徳に数えてもいいと思う。

ネタに走ったラノベの多くがそうであるように、このシリーズも長続きできる内容ではなさそうに一見すると思えるけど、クトゥルフの邪神たちをサブカルのネタを絡めて書いていくという一貫した方向性は持っているので、案外長く続けられるかもしれない。
2巻を見るかぎりでは、少なくともあと数冊くらいは一定以上の面白さを維持し続けてくれそうだし、今後にも期待できそうで楽しみだ。

あと、ドラマCDにもなっているらしい。随分性急な気がするけど、それだけ話題になってるってことなんだろうか。


ドラマCD『這いよれ!ニャル子さん』特設ページ


キャストを見る限りだと、2巻の内容までやるらしい。
シャンタッ君が金朋先生になってて吹いた。喋らないじゃんシャンタッ君…
関連記事

テーマ : ライトノベル書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。