スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF13始めました

予定通りにファイナルファンタジー13を手に入れたので、今のところの所感でも書いてみようと思う。当然ながらネタバレはしない方向で。
現時点でのプレイ時間は三時間ほど。ロール(戦闘時の役割)やクリスタリウム(成長システム)が出てきたあたり。

序盤の展開は、体験版とほぼ同じ。違いと言えば、戦闘システムが少し変更されていることくらい。
ただ、ムービーでモデルの挙動がおかしかったところは修正されていた。具体的には、列車がでかい奴に襲われて、振り落とされそうになったときのライトニングの動きとか。体験版だと違和感があったのだが、製品版では自然に見えるように作り直されている。なかなか細かい。

起動してから流れるムービーは既出の場面がほとんどで、目新しさはあまりなし。
ロードは少し遅めで、メデイアインストールもなし。個人的には許容範囲。
UIは微妙に不親切。セーブするときに、毎回新規のところへカーソルが来るあたりとか。
マップでのキャラの動きには、若干の癖がある。慣れるまでは気持ち悪く感じてしまうかも。
デフォルトだと画面が少し暗くて見にくい。使っているテレビなんかにもよると思うけど、コンフィグで明るさの調整は可能なので、幾らか上げた方が見やすいかも。

セーブは結構早い。
セーブデータのロードも早く、読み込みのときにその時点でのあらすじを表示してくれるので、ここではロード時間を気にせずに済む。
新しい要素が登場するたびにチュートリアルを行うかの選択が出るので、説明書を見なくても問題なく遊べそう。情報量は多くもなく少なくもなく、適正という印象。
体験版収録部分を脱してからの展開は、多くは語れないけど、個人的にはかなりいい感じ。
映像と音楽は当然のように良い。序盤の山場的なイベントボスとの戦闘BGMが、単調に思えるのにかなり熱い。場面にも凄く合ってて、かるく感動した。さすがは浜渦さん。

以下とりとめのないつぶやき。

ヴァニラさんの性格が、思っていたのとだいぶ違った。
おとなしいというか、いろいろ抱えて葛藤してるようなキャラなのかと思ってたけど、なんか意外とアグレッシブ。無邪気と言った方がいいのかな。
でも武器がちょっと恐い。
ドラクエのグリンガムの鞭のような、ワイヤーの伸びるタイプの武器で戦うのだが、味方が横にいても平気で振り回すので、当たりやしないかと気が気じゃない。
システム的にあり得ないのはわかってるんだけど…
中の人たる福井裕佳梨氏の演技は、想像よりもはるかに達者だった。成長していなさる。
そしてホープ可愛いよホープ。このショタっ子は、今のところ一番の萌えキャラではなかろうか。
精神面での伸びしろがかなりありそうだから、ある意味一番主人公っぽいキャラと言えるかも。

主人公と言えば、FF13はライトニングさんが不動のエースなのかと思っていたら、動かすキャラが結構頻繁に切り替わる。アイテムは共有してるのでシステム的な不便はないのだが、一つの事象を複数人の目で追っていくという流れを見るに、FF6のような群像劇風の物語が想定されているのかもしれない。
つまり、ライトニングさんは強いて言うならの主人公という立ち位置で、主役という意味での比重は全キャラそう変わらないのかもしれない。
このあたりは、もう少し進めてみれば、嫌でもはっきりするだろう。

ひとまずはこんなところで。


ファイナルファンタジーXIII
関連記事

テーマ : FF13 ファイナルファンタジー13 について
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。