スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクターヴ3を読んだ

オクターヴ 3 (アフタヌーンKC)


作者は秋山はる。
今回はいつもより主観分多めに。

2巻までの流れで百合というか、ガールズラブにあるまじき展開を3巻で迎えるだろうと予想がついていたので、あらかじめ覚悟はしておいた。
そのうえで手に取って読んだのだが、覚悟してたせいかショックはそれほどでもなく。
でも、綱渡りみたいなあやうい均衡がいつ崩れるかも知れなくて、読んでてほんとハラハラさせられた。
別にスリルのあるサスペンスとか猟奇モノなんかじゃなくて、ごく普通のラブストーリーなんですが、そのラブストーリーとしての完成度があまりにも高いから、読んでいると怖くて仕方がないのだ。
キャラクターが自然で、リアルで、生々しくて。
自然だからぎこちなくもなるし、リアルだから間違いを犯すし、生々しいからケンカもする。
次にどう動くかまったく予想がつかなくて、だからこそ怖い。
でもその怖いってのと同時に、面白いって感覚もある。

面白い。
めっちゃ面白い。
百合もヘテロも関係なく、ここまでレベルの高い恋愛マンガを読んだことは久しくなかった。
百合というひとつのカテゴリーでくくってしまうには勿体ないくらいの傑作だ。
ヘテロに百合が劣っているとは思わないが、しかし比べようもないほど認知度に差があることは否定できない事実。
それだけに、百合という1ジャンルに埋没させておくのは惜しすぎる。

いやもうね、ほんとに凄い。
抽象的な比喩でアバウトに書き表すことしかできないほど、ただ凄い。
読むのが怖くて仕方なかったけど、読んでる最中も怖かったけど、読み終わったあとに残った感情の筆頭は、意外にも清涼感だった。
ドロドロした粘性の愛憎渦巻く感覚のうえに、一陣の風が吹いたとか、そんな感じ。

ヒロインが主人公を問い詰める言葉は、胸にきた。
想像もしてなかったから、余計に。
ここからどう転ぶんだろう。
幸せになってくれるといいなあ。
関連記事

テーマ : 百合
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。