スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナルファンタジー13のサントラ

の、公式サイト。


FINAL FANTASY XIII オリジナル・サウンドトラック


TRACK LISTの項目で、DISC2までの曲の試聴と、コンポーザー浜渦正志氏のコメントを見ることができる。

このうち戦闘曲は、「運命への反逆」、「ブレイズエッジ」、「召喚獣」、「閃光」の四曲。
ブレイズエッジと召喚獣がボス戦で使われるBGMとなっており、個人的には召喚獣の方が好きだ。雑然とした中にも芯の通ったこの感じがたまらない。
召喚獣戦で使用されるBGMはもうひとつあって、そちらの方もかなり好みだった。そのうち試聴曲として公開されたりするのだろうか。

ちなみに「ブレイズエッジ」というのは、本作主人公ライトニングが手に持っている、可変式の銃剣の名前だ。軍に制式採用される直前のテスト配備という設定になっている。
本作を象徴する武器だと思うんだけど、これが特殊効果のない代わりにとても使いやすい。ライトニングはなんでもできるわりに、そのすべてを玄人はだしにこなすという、サマルトリア王子の上位互換みたいなキャラクターなのだが、その性質にブレイズエッジがよく合っているのだ。
最大レベルまで改造してやれば、終盤まで使い続けることも十分に可能で、事実私はこのブレイズエッジ装備でラスボスを倒した。
初期武器でラスボスまでいけるというのは結構面白いよなあと思った次第。

話がずれたので戻す。
フィールドBGMでは「異跡」なんかが好みなんだけど、コーラスが「私の娘」とかコメントに書いてあって吹いた。
専門の歌手とかじゃないのかよ!
いや普通に綺麗なんで誰であろうと全然問題ないんですけど、予想外だったのでびっくりした。いい娘さんをお持ちだ。

「帰るための戦い」は、曲名を見るにプレイヤー側の心情を表す曲になるはずだったようだけど、実際の印象は180度逆になっている。強敵の登場時に鳴ることが多かったから、その敵のBGMというイメージになっているのだ。
これまた格好良いんで何の問題もないんですが。

FF13のサントラは、ゲームを遊ぶ前から恐らく買うだろうと思っていたけど、クリアした今は購入の意思を固めている。
通常版でもいいかなと思っていたはずなのに、いざクリアしてみると限定版付属のドラマCDにも興味が湧いているから困ったものだ。
というわけで、買うのは限定版の方になると思われます。


ファイナルファンタジーXIII オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)
関連記事

テーマ : FF13 ファイナルファンタジー13 について
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
最近の記事
リンク
おすすめ品

少女セクト 1
少女セクト 1
感想

少女セクト 2
少女セクト 2
感想

君が僕を
君が僕を
感想

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
感想

劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
劇場版 「空の境界」Blu-ray Disc BOX(通常版)
感想

リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
リトルバスターズ!エクスタシー 初回限定版
感想

円環少女
円環少女
感想

ALL YOU NEED IS KILL
ALL YOU NEED IS KILL
感想

RSSリンクの表示
ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。